東京証券取引所には年間でいくつもの、新しい企業が上場してきます。
それらのIPOというのは株の中でも特に注目度が高く、大きく株価が動くためあらゆる投資家達の関心を集めるものとなっています。
そのため、超有望IPOを東京証券取引所で取引が開始される前に、公開価格で手に入れることができればそれだけで大きな利益を期待することができます。

しかし、IPOだからといってなんでも申し込みをすれば良いのかというとそのようなこともなく、注目は集めても初値が期待できないという銘柄も少なくありません。
東京証券取引所で取引されるIPOはすべてが有望な銘柄とは限らずに、中には将来性がそこまで期待できないものもあります。
それを知る手段というのが事業計画で、上場前には目論見書などで事業計画を知ることができますから、そのようなものも参考にして投資をすることが大切です。
事業計画というのはあくまでも計画ですから、そのとおりにことが運ぶというわけではありませんが、投資をするからにはその計画が達成することができるのか、難しいのかということを判断して投資をするようにしましょう。
IPOのように値動きの大きな株の取引をしていると、投資というよりは投機に近い取引になってしまいがちですが、株というのは基本は投資ですから投資をするためにはその企業がどのような事業をしていくのか、どのような経営方針を持っているのかということをしっかりと抑えてそのようなこともしっかりと投資の判断に加えることが大切です。
事業計画をよく確認しておかないで投資をしてしまうと、後で想定外の値動きなどに巻き込まれてしまって、損失が出てしまう可能性もありますから、IPOに参加をする時にはIPOというだけでなく事業計画のチェックも重要なのです。